やぎさわ内科・脳神経内科

よくあるご質問
求人のご案内

やぎさわ内科・脳神経内科

電話アイコン電話する アクセス

しびれ

Numbness

Numbnessしびれ

しびれ

しびれとは

しびれというと、脳梗塞や脳出血など脳卒中を心配される方が多いと思います。
脳卒中はもちろん重要ですが、脳卒中のしびれは『片側の手と足』に起きることが多いです。
もし4本の手足のなかで、1本の手や腕だけがしびれる場合は、頚椎症や手根管症候群といった、脳以外の病気も疑われます。

頚椎症

頚椎症は、頚椎とよばれる頚(くび)の骨のずれや変形で起こります。頚椎はブロック状の骨が積み重なってできており、それぞれの骨の隙間から腕や手に行く神経が出ています。頚椎のずれや変形により、この神経が圧迫されることで、手や腕にしびれの症状が出ます。なお頚椎同士の隙間にある椎間板がずれることで起きる椎間板ヘルニアも、同じ様に神経を圧迫して手にしびれが出ます。進行すると手や指の力が入りにくくなることもあります。頚椎のどの神経が障害されているかは、診察である程度診断が可能です。更にレントゲン検査で実際に頚椎のずれや変形の程度を確認することができます。手や腕の痺れの症状のある方は、当院の外来を受診してご相談ください。

手根管症候群

手首の中央を正中神経(せいちゅうしんけい)という神経が通っており、手根管(しゅこんかん)という名前のトンネルを通って手首から指に走っています。

手根管症候群はこの手根管が狭くなり、中を通る正中神経が圧迫されて“はがいじめ”をくらった状態になる病気です。症状は手のひらや指のしびれが親指側におこります。夜間や朝起床時に強く感じることが多いです。この病気も診察で大まかに診断をつけることが可能であり、日常生活動作の工夫や、ビタミン剤の服薬で改善する場合も多いです。疑わしい場合には是非当院の外来を受診してください。